ちょっと古いお金でもプレミアがつくこともある
古銭というと江戸時代など時代がかなり古いものを連想するかもしれません。しかし実際にはそこまで時代をさかのぼらなくてもちょっと古いというだけで古銭という扱いになります。今であれば昭和時代のお金も十分古銭ということができるでしょう。昭和時代も紙幣のデザイン変更は何度もあります。今見慣れている紙幣以外のデザインのものでも保管状態がよければ、少しだけ価格が上がっているかもしれません。額面以上の金額になっている可能性も十分考えることができます。そこにプラスして番号が特殊なものであれば、更に高額になっている可能性もあるので、もしも今流通をしているお金以外のものがあった場合、古銭買取業者に持ち込んでみるとよいでしょう。そこで査定をしてもらい、どれくらいの金額になるのかチェックをして、もしも予想以上の金額になっているのであれば、買い取ってもらうということを考えるとよいかもしれません。損をすることがないように査定は必要です。